つい数日まえについにScalaでいろいろ書き始めました. コップ本のクラス定義の仕方とかそのあたりを適当に流し読みして, とりあえずいろいろ書いて分かんないところ読もうという方針のもと,コードを書いていくことにしました. わりと順調に進んで,型付きパターンマッチや, 変位指定アノテーションあたりなどちょくちょく分からないところをコップ本とググってでてきたページで解決してきました.

しかしながら,いろいろ調べものして出てきたScalaのコードにdef hoge = ???なる記述が…。とりあえずコップ本の索引を見てみるも載っておらず,?は記号なのでググっても引っかからない.「scala クエスチョンマーク」「scala 記号」で検索してもダメで,twitterでぼやいたところ,その正体がPredef.???だということを教えていただきました(ありがとうございました).

例えばdef hoge = ???としておくとコンパイルは通りますが,実行時にNotImplementedErrorをスローするという挙動をするもののようです.これはScala2.10から追加されたもののようで,追加に向けてForumでいろいろ議論がされていたようです.

すこしでも検索に引っかかりやすくなるようまとめてみました.
正確な話は公式のDocumentやソースコードを見て頂けると良いかと.

ちっと「???」はググって解決しにくいよなぁ…と,思いました(小並感).

以下最近調べたScalaまわりのことまとめ

型付きパターンマッチ

objがIdentifier[_]型のときマッチされ,値を以下の例だとthatという名前で扱える.別にthatじゃなくても良い.

全てのオブジェクトに実装されている##メソッドの実態

## は基底クラス(Any)に定義されているハッシュ値の取得メソッド

override def hashCode: Int = 31 * id.##

変位指定アノテーション:非変・反変・共変

[T]: 非変(nonvariant) => 指定した型変数のみを受け入れる
[-T]: 反変(contravariant) => 指定した型変数のスーパークラスを受け入れる
[+T]: 共変(covariant) => 指定した型変数のサブクラスを受け入れる

この場合,Indentifierトレイトの型変数には,Tとそのサブクラスを受け入れることができる.