2017/09/15〜17 の 3日間にわたって開催されたカンファレンス iOSDC Japan 2017 に参加してきました。私は2日目の 14:20〜14:50 に Track A 会場にて「RxSwift の Observable とは何か」というタイトルでセッションを持たせていただきました。

 このまわりの話をちゃんと解説しようとすると、最低でも60分は必要かなと思っていたのですが、最長の枠が30分しかなかったのでやむなしで CfP を提出しました。発表内容については以前からコードを追っかけてた分野だったので改めてする作業もそんなになく(とか思ってたんですが、以前に真面目にコードリーディングしたSwift1.2/2.x時代と比較してかったるい diff とかがあって地味に胃が痛かった)、スライドとか口頭発表原稿とかを書き起こす程度でした。ただ当時の自分は頭がおかしかったようでスライドを Illustrator + In Design で作り始めてしまい、次回から素直にパワポで作ろうと思いました(細かいレイアウトを指定できるのはいいけどめんどくさかった)。

 お話の構成をするなかで、300lines近くの実装コード解説をどうやったら、スライドとトークの内容で聴いていただく皆さまに理解してもらえるかをだいぶ悩みました。ただでさえ、発表のスライドにコードがあるとウッとなるはずなのに、それを30分間ひたすらやり続けたら、地獄でしかないので、この部分をクリアする点に力を注ぎました。そこで、ベースとなるソースコードを頭のスタック領域に置いていただくための説明に発表の半分以上の時間かけて、その上で、Reactive Extensions 特有の diff を解説するというトーク構成にしようと決めました(発表の7日くらい前に)。

 実際発表のリハーサル的なものを自分一人でやってみたんですが、どうやっても45分くらいかかってしまい、泣く泣くスライドのタイトルに(余談)という文字列を入れて、口頭発表の内容からは削ったりしました。来年から45分枠とかほしい…。

 今回のお話は決して技術的レベルの高い話ではなくて、まとめてしまうと有名な設計パターンとその発展形についてのお話でした。他の方のセッションをいくつか拝聴させていただいたのですが、私よりも技術的にはるかにハイレベルなことをやっていたり、普段自分が無意識にやっていてわりと共感できるようなお話がいくつもあって楽しかったです。

 特に面白かったセッションは @k_katsumi さんの Building High Performance and Testable UI component で、自分が普段 iOS のプレゼンテーション層を書くときの考え方とだいぶ近くて非常に共感できました。自分のやっている方法を自分自身でしっかり論理的根拠を持ってある程度正しそうという気持ちを持てるようにできるのが一番いいですが、やっぱり似たような手法を他の方もやられているという話を聞くと気持ち的には安心できますね…。

 あとは @kitasuke さんの Introducing protobuf in Swiftのあとに、Ask the speaker まわりで protobuf vs swagger みたいな話ができて楽しかった。サーバー〜モバイルクライアント間での protobuf 利用がどのようにされているのかの事例、ちゃんときいたことがなかったので興味深かった。あと protobuf とエラーハンドリングまわりの話も大変参考になった。最後には、結局APIクライアントを人間が書くことを撲滅していきましょうみたいな気持ちをみなさんと共有できたところがよかったですね…。撲滅していきましょう。

 素晴らしいセッションがたくさんある中、私の稚拙な発表を聴いていただいた皆さま、運営スタッフのみなさまなど本当にありがとうございました。そしてまさか自分がベストトーク賞をいただけるとは本当に思っていなかったので、LT枠の無限ビールタイムの時間にビール4本飲んでいい感じに意識があいまいになっていました。粗相してなかったですか?大丈夫ですか?

 ベストトーク賞の商品としてサイバーエージェントさんから素晴らしいお品をいただけるようで本当にありがとうございます。アベマTVさん最高のサービスです。アメーバブログさんでよく声優さんのブログ記事と写真を見ています。最高のサービスです。いただいたディスプレイでアベマTVさんとアメーバブログさんを見ます!

アメーバブログさんで特に見ているのは以下のブログです

アメーバブログさん最高のサービスです。私も声優さんのブログになりたい。

 2日目の発表が終わったあと、残念ながら Wake Up, Girls! 4th Live Tour 東京公演 夜の部がイベ被りしており、懇親会には参加できませんでしたが、来年 Wake Up, Girls! のイベントが被っていなければ懇親会に参加したいなと思います。ハッシュタグ見てたら美味しそうな料理と充実したクラフトビールとハイレベルなエンジニアがたくさんいてとても楽しそうだった。私、ビール(詳しくはないのですが)大好きなので、スポンサーの転職ドラフトさん来年も無限ビールお願いします。

 1日目夜のスピーカーズディナーは、やっぱり真剣に技術を追っている人たちが集まっているだけあって、楽しかった。まだまだ私は技術的にも精神的にも未熟な社畜4年生で、年上の方はもちろんのこと、最近だと高校生・大学生なのに、いまから自分がどれだけ努力しても追いつけそうにない人がインターネット上にはたくさんいるので、ちゃんと技術やお仕事に真摯に向き合う姿勢だけは忘れずに生きていきたいな、というなんか真面目な文章を、最後に書き残しておきます。

ひとまずみなさまお疲れ様でした。ありがとうございました。

appendix

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です