playがいろいろと変わっているので、いろいろと走り書き

logback.xml を使え

  • WARN がうるさい
  • logback.xml という名前でとりあえず次のようなファイルを作っとけばOK
  • https://www.playframework.com/documentation/2.5.x/SettingsLogger

GlobalSettings それ死んだよ

  • ドキュメント曰く、ライフサイクル系は Guice の eagerSingleton に便乗して実現するっぽい
  • JDBCConnectionPoolまわりなんかもここで Application が Inject されることを期待して、記述すればよいっぽさ
  • https://www.playframework.com/documentation/2.5.x/ScalaDependencyInjection#Stopping/cleaning-up

sbt 0.13.12 から build.sbt 使え

  • https://github.com/sbt/sbt/pull/2530
  • nrhd…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です