タグ: ごちうさ

きららMAX 2017年4月号の感想

久々のKoi先生絵表紙とても良い。やっぱり、もうこの形容詞を使わざるえないのですが、かわいいの一言に尽きる。ポップコーンを入れているティッピー型の容器とか、ココアさんのしているマフラーとか特にグッときます。

1本目4コマのココアさん、はぁ…ココアさんという感じでとてもよかった。きぐみんの立ち位置自分の認識とずれてたので時系列を少し遡って確認しよう。2本目3コマ目できぐみん貯金箱の中に入ってた金額が52円だったのは、シャロのセリフにあったものを彷彿させてくれます。シャロのほうが10円多かったので、「私の所持金62円…!」になっててよかった。3本目2コマのココアさんの表情ほんとすき。フルールから追い出された青山さん…。

4本目4コマでは固有名詞「CREPE BOUQUET」が登場したので調べたい。クレープブーケ、ブーケは花束という意味。フランス語、英語。5本目4コマでも青山先生の作品「うさぎになったバリスタ」「怪盗ラパン」「ベーカリークイーン」という固有名詞が登場。シャロが書店でバイトしている情報ってここが初でしたっけ? クレープ屋は以前にも登場していた。背景描写としては4本目3コマ目、5本目3コマ目に注目したい。どちらもコルマール・ストラスブールにありそうな雰囲気を感じるので頑張れば特定できるのではなかろうか。6本目は、以前ココアさんにお店任せるの不安って言っていたリゼチノがポンコツなところが見られてよかった。ここでツッコミとしてマヤメグが登場してよかった。

で、問題の8本目1コマなんですが、ここは早く背景となっている場所を特定したい。鉄細工がストリートを横切る形で設置されている点は非常に特徴的で、普通飾り看板は店の横にちょこっと出ているだけで、こういう形のものはめずらしい。すくなくとも自分が訪問した事があるヨーロッパの街ではあまりみかけないタイプの鉄細工でした。それにしても美しいフォルムの鉄細工ですね。早く場所を特定したい。この柱の4コマ目のココアさん尊すぎるんだよなぁ…。9本目2コマ目はシャロさんがリゼさんのわかり手であることが伝わる良いコマ。さすがです。4コマ目では流行に実は興味があるリゼさんの様子が垣間見える。10本目とかでちゃんとチマメが1コマに収まっているのは本当に感謝の気持ちが湧いてくる。

アニメ1期11話「少女は赤い外套を纏いウサギを駆りて聖夜の空を行く」は本当に何度見ても心が満たされる素晴らしいテンポ感とストーリー構成だったのですが、12本目からはまた、あの季節が来たのだなぁとしみじみさせられます。シークレットサンタという面白い仕掛けも仕込まれていて、これからまたクリスマスに向かって温かい日々が続いていくのだなぁと思うと続きがとても楽しみです。マヤメグにたかられるココアさん、好き。メグさん、ココアさんに対してはさりげなくそして珍しく悪意があると思うのですよね。良いですね。くじ引きしたあとのキャラクター同士の絡みになにかヒントがあるのかと思わせる感じになっていて、答え合わせが楽しみです。15本目でココアのサンタはシャロだということはわかりますが、それぞれ皆さんどうなんでしょうか。ちょっとした予想を書いておこう。

  • 確定
    • シャロ => ココア
  • 未確定
    • チノ => シャロ
    • メグ => 千夜
    • 千夜 => リゼ
    • ココア => チノ
    • マヤ => メグ
    • リゼ => マヤ

とても良いきららMAXでした。今月から気が向いたときにきららMAXの感想を書いていこうかなぁと思います。

少女は赤い外套を纏いウサギを駆りて聖夜の空を行く

この記事は 「ごちうさ Advent Calendar 2016」 24日目の記事です。

クリスマスなので、秋葉原UDX広場に展示されている「ご注文はうさぎですか?」のクリスマスツリーをご紹介します。

2015年のクリスマスツリー

まずは、2期放送中の2015年のクリスマスに展示されたものをご紹介します。秋葉原の街中がごちうさでジャックされている感動的なクリスマスでした。

2016年のクリスマスツリー

来春にOVAとその劇場公開を控えている2016年版のクリスマスツリーです。強風でクリスマスツリーが若干傾いているのが特徴的です。UDX広場横ではBD-BOXやキャラソンアルバムの購入特典お渡し会が行われており、急遽モリナガのミルクココアも配布されていました。

唐突な宣伝

コミックマーケット91 2日目 (金曜日)東Q54a にて、「ご注文はうさぎですか?」の舞台「木組みの家と石畳の街」を探してフランスのコルマール、ストラスブール、リクヴィール、そしてハンガリーのブダペストを旅した記録をまとめた本を頒布いたします。

仕様は、A5変形版(135×210)、本文マットコート70kg、表紙マットコート130kg+PP加工、無線綴じ、表紙裏表紙込みカラー原稿30ページ(本文28ページ)となっております。ごちうさのモデル地についてかなりまとまった本になっているのではないかなと思いますので是非!

サンプルはこちらになります!

おわりに

 今年はラビットハウスをさがしにフランスに行ったり、ハンガリーに行ったり、別府に行ったりしたのですが、まだまだ行こうとして行けていない場所がたくさんあるので、来年もごちうさとともに生きていきたいと思います。新作エピソード制作、そしてたねちゃんが無事復帰して、3期へとアニメの方の展開が広がっていくとともに、原作のほうは Koi 先生しか生み出すことのできないミルク色の異次元の世界を突き進んでいくのが楽しみです。今年も一年間ごちうさに支えられて生きてきました。ほんとうにありがとうございました!

※ 写真の無断転載はご遠慮ください。特にキュレーションサイトへの許可なき転載はお断りします。事前にご連絡ください。

ごちうさが何期まで続くか、Swiftコンパイラに聞いてみた

まずは、高尚なクラスを作成します

続いて、次のようなテストコードを書きます。

普通にテストが通るかと思います。あとはひたすらテストコードを増やしていくだけです。

ご注文はうさぎですか? アニメーション第3370期制作決定

手元の環境(Xcode 7.2)だと、ごちうさの第3370期の制作までが確定しました。オープンソース化されたSwiftの今後の開発次第ではさらなる続編の制作が決まるかもしれないので、期待感が湧いてきますね!

ちなみに3371期目のテストを回そうとするとこうなります

来週で2期の放送が終わってしまいますが、続編が3370期も続くことがわかってるなら、楽しく暮らせそうですね。

GitHub

ソースコードを公開しているのでお気軽におためしください
https://github.com/53ningen/usagi_anime

ひと目で、尋常でない牛めしだと見抜いたよ

この投稿は 松屋 Advent Calendar 2015 の4日目の記事です。

 みなさんは「ご注文はうさぎですか?」という作品をご存知ですか? もし知らない方がいらっしゃいましたら、Googleで「1」で検索すると情報が出てくると思いますのでお試しください。さて、この素晴らしい作品を楽しむにあたってお腹が空いた状態だと困ります。

 そこでオススメしたいのが松屋の牛めしです。大抵のイベント会場の近くに松屋は佇んでいるので、のれんをそっと潜りましょう。たとえば、ご注文はうさぎですか?? 第1羽先行上映会前の様子がこちらになります。

 また、CHINO HAPPY BIRTHDAY イベント前の様子がこちらです。  

 牛めしを食べたおかげで、イベントを楽しめる体力をつけることができました。今日も松屋に感謝。

CHINO HAPPY BIRTHDAY イベントについて

 去る12月4 日は、香風智乃さんのお誕生日でした。中野サンプラザにて、日頃の感謝を伝えるべく大規模な誕生日会が執り行われました。イベントにはまずタカヒロ役の速水 奨さんが登場しました。大誕生日会になってしまい少し緊張してしまうかもしれない水瀬いのりさんを気遣ってか、まずはタカヒロさんとのコールアンドレスポンスで場を温める配慮です。わたしたちも日頃、訓練を重ねているとはいえ、やはり万全の体制で水瀬いのりさんをお迎えしたいので、全力で準備体操を行いました。

 そして、いよいよ待ちに待った水瀬いのりさんの登場です。大きな声援が飛び交う中「出かけましょうと答えましょう」からライブパートのスタートです。まるでCD音源を流しているかのような安定した音程・声量を保っていてさすがプロだなぁという感想を抱きました。でもちゃんとマイクから拾った声であるのは確かに確認できました。やはり水瀬いのりさんは天才なんだなぁということを確信しました。一方、客席の我々は、Cup of chinoが発売されてからまだ時間がそれほど経っていないということもあり、練度が低い状態だったのは次回に向けての課題となりそうでした。水瀬さんに喜んでもらえるように、我々も努力していきたいですね。

 続いて「未来パズル」「新作のしあわせはこちら!」。個人的には「新作のしあわせはこちら!」がとっても好きなので生歌が聴けて本当に嬉しかった。「Eを探す日常」のPandaBoYさんが作曲していて、今回もさすがの良曲です。特に、途中にSE的に入る「きらり〜ん☆」という部分はグッときます。

 このイベントで特徴的だったのが、中の人だけでなく香風智乃さん本人も登場していた点です。おそらくミラクルガールズフェスティバルに用いられていると思われるモデルを利用して、実際にステージ上に香風智乃さんが立っていました。それだけではなく、水瀬さんと一緒にデュエットを行ったりとかなり挑戦的な演出が行われていて、今後のイベントの新しい方向性を提示してくれるものだったのではないかなと感じています。

 ごちうさ声優は全員第一線で活躍されている方ばかりなので、イベントの開催がかなり厳しくなってきています。こういった、CD音源+モデルと中の人のデュエットという形は、中の人の負担を大きく減らしたり、間をつなぐことができて画期的な仕組みだなあと感じました。これを用いれば、各キャラクターやユニットごとの括りでちゃんとしたイベント開催が可能だと思います。

 課題としては、まだ動きの作り込みが甘い点があったり、ボイスのバリエーションが圧倒的に足りていなかったりといった点でしょうか。いずれにせよ今回の演出は大成功のレベルに達していたと思うので、今後のさらなるクオリティアップに期待したいです。

 次に「きらきらアラモード」「かえりみちスキップ」。手拍子のタイミングもっと合わせたかったですね。客席側の練度不足でした。そして、タカヒロさんが衣装チェンジをして「Daydream cafe Xmasver」をチノちゃんと熱唱。オケは1期Blu-ray6巻に収録されていた「タカヒロ&青山さん」のダブルはやみんバージョンの編曲でした。この編曲ものすごいアガる曲調で大好きで、まさか生歌を聞けるとは思いませんでした。この選曲にはさすがに鳥肌がたってしまいました。

ラテアート職人さんとPandaBoYさん

さて夜のラビットハウスパートでは、ごちうさ界隈でラテアートで有名な職人さんとPandaBoYさんが登場!こういう演出、個人的には結構好きなのですが、会場にいた方どうだったでしょうか?PandaBoYさん+タカヒロさんがバックでDJをやりつつ、ラテアートを完成させるというかなりアグレッシブなコーナーで、個人的にはタカヒロさんが困惑しながら頑張っている姿が面白かったです。

ティッピーからのお祝いのメッセージ

 チノちゃんの誕生日なので、我々からもお祝いのバースデーソングを贈りました。またティッピーからのお祝いのメッセージも届いており、清川さんの言葉が染みるなぁと思っていたら、まさかの清川さん本人が登場!!!!!これは本当にびっくりした。いつか清川さんがイベントに登場してくれれば良いなぁと思っていたのですが、まさか今回それが叶うとは…。清川さんから花束が水瀬さんに手渡されました。

 そして、これだけじゃない!りえしょんが駆けつけてくれた!!!最近りえしょんイベントに行けてなかったので、嬉しかった。あいかわらずでしたが、やっぱりイベントでりえしょんの姿をみるととても元気が出てくる。やっぱり村川梨衣さん大好きです。俳協のお二方の登場で盛り上がったところで、記念撮影。最高の思い出になりましたね…。

魔法少女チノ 降臨

 魔法少女コスチューム最高に似合っていた。アンゴラウサギの帽子も、ひと目で尋常でないもふもふだと見抜けるくらいちゃんと作ってありました。その衣装で例の曲を歌うのは反則ですね。本当にチケット代の何倍もの価値があるイベントでした。

 最後は「ときめきポポロン」。やっぱり盛り上がりますね!みんなで一緒に熱唱して良い締めくくりとなりました。終わりの挨拶で、水瀬さんがマイクを使わずに地声で中野サンプラザの広い会場に声を届けてくれたのが本当にうれしかった。

 こんな素晴らしいイベントを開催してくれて本当に感謝しかないです。チノちゃん、水瀬いのりさん本当にお誕生日おめでとうございます!お忙しいと思いますが、体調に気をつけて、これからもますます活躍してください!