注: PoEAA, Chapter 4: Web Presentation をまとただけの記事です

 ウェブブラウザベースのユーザーインターフェースには、特別なクライアントソフトウェアをインストールしなくてよい、UIに対して共通のアプローチをすることができる、世界中からのアクセスができるなどのメリットがあります。またウェブアプリケーションは、多くの環境でビルドすることが可能であるということは大きな利点です。

 ウェブサーバーアプリケーションは通常、各URLに対してどのプログラムが対応して処理を行うかを記述した設定ファイルを持ちます。これをもとにウェブサーバーはURLを解釈して、それに紐付いたプログラムに制御を渡します。そしてそのプログラムは動的に結果を生成し、レスポンスを返すなどということを行います。このようなウェブサーバーアプリケーションの構造化には、スクリプトとしての構造化とサーバーページとしての構造化という方法があります。

スクリプト形式

 スクリプト形式のプログラムは、HTTP呼び出しに対して対応する関数やメソッドを呼び出して対応するものになります。CGIスクリプトやJavaサーブレットといったものはスクリプト形式に分類されます。スクリプトはさらに細かく分割することができたり、他のサービスを操作することができます。レスポンスはストリームへの書き込みを行うことで実現します。

サーバーページ形式

 スクリプト形式におけるHTTPレスポンスのストリームへの書き込みは非プログラマにとっては困難であり、プログラマであっても煩わしい作業となります。これを解決する方法として、サーバーページ形式というものがあります。これはHTML形式で書かれたレスポンスページ内に実行可能なスクリプトを記述し、ある時点で実行処理を行うというものになります。PHPやASP、JSPなどがサーバーページ形式に分類されます。そもそもASPは、Active Server Pagesの頭文字、JSPは、JavaServer Pagesの頭文字から来ています。スクリプト形式はリクエストの解釈が簡単に行える点で優れています。また、サーバーページ形式はレスポンスのフォーマットを定める方法として優れています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です