山形と福島で食べたもの

山形と福島に行ってきました。
東京から山形へは ANA 便が飛んでなかったので、今回は新幹線で山形入り。

えきねっとトクだ値で、最大35%オフで新幹線に乗れます。
上野で駅弁とビールを取得して、乗り込みます。

普段はわりと飛行機でサクッと飛んでしまうので、山形まで結構長く感じました。2時間半ほどで山形駅に到着。自分の中ではつばさというと、銀色の車体のイメージだったんですが、いつのまにか全然ちがう車両になってた。

ひとまず山形牛とお酒を摂取。
朝日鷹という地酒をいただきました。割とレアものっぽい。

百目鬼温泉へ

インターネットで評判のよかった百目鬼温泉(どめきおんせん)へ。
山形駅からバスに乗り込み二位田(にいだ)という停留所から10分くらい歩くとつきます。
正直、マイカー以外でのアクセスは微妙です。

評判通り、お湯はとても良かったです。
すごい鉄のかおりがしました。料金も300円ちょいくらいだった。
地元の人が多めっぽい雰囲気で、のどか。おすすめです。

ミュージック昭和 Session へ

山下七海さんという若手アーティストがたまたま山形で公演をするとのことで足を運んでみた。
ライブハウスにはいるとまず炊飯器とかフライパンが置いてあった。

たちこめるニンニクやごま油のかおりにのせて繰り広げられる、インタラクティブな客席と演者のやりとり。そしてスペシャルゲストでタナトスさんとオカムーさんというアーティストの方も登場。前衛的で五感に訴えかける新しいステージの形がそこにはありました。

最後にななみんカイロという新手のホッカイロも配布されました。心も体もあたたまる。
来場者の心に何かを残したい、という気持ちをひしひしと感じるステージ作り。
本当にきて良かった。

山形の地酒と食材

色々食べた。

蔵王温泉へ

ひさびさに東横イン的ではないホテルに泊まったので朝食がおいしかった。

郡山に向かう前に蔵王温泉へ。山形駅から40分くらい。

温泉街はかなり雰囲気が良い。
共同浴場もあり、そこは安い。

かなり強い硫黄の香り。スキー場も温泉街からすぐの場所にある。
ここに宿泊しながら2〜3日スキーもしたかった。

山形から郡山へ

山形から郡山へは鈍行だと3時間ほどかかり、しかも本数がかなり少ない。
たぶん鈍行で抜けるルート1日に3〜4本程度しかないのでは。

蔵王でのんびりしていて、郡山へ抜ける鈍行がいってしまったので、福島駅まで新幹線で抜け、そこから東北本線で郡山駅へ。

車中で昼食。お弁当は山形名物の牛めしとさくらんぼなどが入っていた。

福島駅

当日は3月11日だったので福島駅前ではキャンドルナイトなどが行われていました。

郡山

郡山 HIP SHOT JAPAN に行きました。

良い旅でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください