@gomi_ningen's Website

Javaの短絡評価されない論理演算子

Javaで論理演算を行うとき、もっぱら &&|| を利用すると思います。if (isHoge() && isFoo()) { ... } 的な感じで。

これらは短絡評価されるので、たとえば false && true という式があったとして、前者を評価した時点でこの式全体は false が返ることは明らかなので、後者の true は評価されません。

こんなコードは読みたくないのですが、もし boolean を返すメソッドが副作用を持っていて、短絡評価された場合当たり前ですが、動作に影響がでます。たとえば以下のような最悪な感じのメソッドを考えてみましょう。

private static boolean isTrueWithSideEffect() { System.out.println("hoge"); return true; } private static boolean isFalseWithSideEffect() { System.out.println("foo"); return false; }

これらを isTrueWithSideEffect() && isFalseWithSideEffect() と呼び出したときは、hogefoo が出力されます。しかし isFalseWithSideEffect() && isTrueWithSideEffect() と呼び出したときは foo としか出力されません。

そもそも参照透過にしろよという話ではありますが、Javaにも短絡評価をしない論理演算子が存在することを初めて知った(そもそも、そんな演算子使おうと考えたことがなかった)ので記事にしています。

短絡評価されない論理演算子は &| です。これビット演算子だとずっと思っていたので boolean に対して使おうという気持ちが一切湧いてこなかった。

これらを用いるとたとえば、 isTrueWithSideEffect() & isFalseWithSideEffect() と呼び出したときも、 isFalseWithSideEffect() & isTrueWithSideEffect() と呼び出したときも、hogefoo が出力されます。

こんなこと知っても全然うれしくないので、副作用を伴う boolean を返すメソッドを書くのをまずやめましょう。

Copyright © 53ningen.com