@gomi_ningen's Website

TypeScript + CDK で理解する AppSync: はじめの一歩

この記事は TypeScript の CDK で単純な Hello, World! を返却する AppSync の GraphQL API を作成することを通して AppSync や GraphQL API に関する基本的な内容を段階を踏んで理解できるように構成されたものです。

あわせて作成した GraphQL を curl、Node.js アプリケーション、React アプリケーションから呼び出す方法についても確認していきます。

これらのステップを踏むことにより、さらに複雑で実践的な GraphQL や AppSync に関する内容を掴むための足掛かりとなるかと思います。

なお、本記事中の各種コードは GitHub にて公開しています。

$ git clone git@github.com:53ningen/CDK-AppSync.git

1. Hello, World!

まずは GraphQL クエリを投げると、Hello, World! が帰ってくる画期的なシス...

Read More

SAM CLI + CDK を試す

  • 基本的に このドキュメント に書いてあることを試しただけの記録
  • ドキュメントは Python だが、手元では Lambda Runtime: Node.js14.X, CDK: TypeScript で試した

aws-sam-cli-beta-cdk の導入

brew install aws-sam-cli-beta-cdk

Project の作成

以下のようにプロジェクトの作成が可能

sam-beta-cdk init --project-type CDK --package-type Zip --runtime nodejs14.x --dependency-manager npm --app-template hello-world --cdk-language typescript --nam...
Read More

Secrets Manager を使ってみる

Secrets Manager への値の格納と取得

チュートリアルに書いてある内容をためしてみる。CLI からまずはシークレットの作成を行う

$ aws secretsmanager create-secret --name tutorials/MyFirstSecret --description "Basic Create Secret" --secret-string S3@tt13R0cks

続いて格納したシークレットのメタデータ、およびシークレットそのものを取得する

$ aws secretsmanager describe-secret --secret-id tutorials/MyFirstSecret { "ARN": "...", "Name": "tutorials/MyFirstSecret", "Description": "Basic Create Secret", "LastChangedDate": ..., "LastAccessedDate": ..., "Vers...
Read More

Copyright © 53ningen.com