Mosquitto の導入

参考: http://tomowatanabe.hatenablog.com/entry/2014/04/21/095650

Mosquittoはデフォルトで1883ポートを使用するので,必要に応じてポートを開放する.

on CentOS6

Mosquittoのインストール

cd /etc/yum.repos.d/
sudo wget http://download.opensuse.org/repositories/home:/oojah:/mqtt/CentOS_CentOS-6/home:oojah:mqtt.repo
yum install mosquitto

Mosquittoの起動

sudo /etc/rc.d/init.d/mosquitto start

Pahoクライアントの導入

# python, pipが入ってなければ入れる
sudo yum install python
wget https://raw.githubusercontent.com/pypa/pip/master/contrib/get-pip.py
python get-pip.py
pip install mosquitto

# Pahoクライアントを導入
sudo pip install paho-mqtt

Pub/Sub

wget https://gist.githubusercontent.com/tomovwgti/11048251/raw/705036b16326871a58bf01a3fa9b765eea28ac44/pub.py
wget https://gist.githubusercontent.com/tomovwgti/11047563/raw/fd2dd031b7bb3533f1f4626967db9439b315ca2f/sub.py

vim pub.py
# ホスト名を書き換える

vim sub.py
# ホスト名を書き換える

python sub.py
python pub.py  #=> message 0 Hello MQTT!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください