rsync をかけるときに確認すべきこと

  1. dry-run を行い転送するデータ量を確認する
    • 必要であれば exclude オプションを使い、不要なファイルの同期を除外する
    • exclude オプションはパターンしていなので、絶対パスを指定すると期待した動作にならない点に注意
  2. 受け入れ側サーバーに転送データを置く空きスペースがあるか確認する
# dry-run を行う
$ rsync -ah --dry-run --size-only --stats --exclude '$pattern' $src $dest

# 受け入れ側サーバーのディスクの空きを確認する
$ df -hl

# rsync をかける
rsync -ahv --size-only --stats $src $dest

意図としては

  • ディスクフルを防ぐ
  • サーバ間の意図しない大きなトラフィック発生を防ぐ
  • 転送サイズが、作業想定よりも大きかったり小さかったりすることを確認することにより作業ミスを早期発見できる

他にも何かあれば追記していく

[改訂新版]プロのためのLinuxシステム構築・運用技術 (Software Design plus)

by 中井 悦司 [技術評論社]
Rank/Rating: 10256/-
Price: ¥ 3,218

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください