@gomi_ningen's Website

AppSync GraphQL API を用いて手軽に Subscription を試す

AppSync GraphQL API への Mutation, Subscription を通して簡単な メッセージの Pub/Sub を試す手順をメモしておきます。GraphQL API の Subscription をお手軽に試してみたい方や、テスト目的のモック Mutation, Subscription を手軽に作りたいときに便利な手順かと思います。

スキーマの作成

AppSync GraphQL API を作成したのち、まずはスキーマの作成を行います。今回はできるだけ細かいことを省いて Mutation, Subscription 実験用の GraphQL API を作成したいため以下のように簡単なものとなります。

type Message { messageId: String! message: String! } type Mutation { sendMessage(message: String!): Message } type Subscription { addedMessage: Message @aw...
Read More

TypeScript + CDK で理解する AppSync: はじめの一歩

この記事は TypeScript の CDK で単純な Hello, World! を返却する AppSync の GraphQL API を作成することを通して AppSync や GraphQL API に関する基本的な内容を段階を踏んで理解できるように構成されたものです。

あわせて作成した GraphQL を curl、Node.js アプリケーション、React アプリケーションから呼び出す方法についても確認していきます。

これらのステップを踏むことにより、さらに複雑で実践的な GraphQL や AppSync に関する内容を掴むための足掛かりとなるかと思います。

なお、本記事中の各種コードは GitHub にて公開しています。

$ git clone git@github.com:53ningen/CDK-AppSync.git

1. Hello, World!

まずは GraphQL クエリを投げると、Hello, World! が帰ってくる画期的なシス...

Read More

AppSync ことはじめ

入門 1: AppSync で Hello, World!

まず AppSync で "Hello, World!" という文字列を返す単純な GraphQL API を作成し、サービスの利用法をみていきます

スキーマの作成

まずは GraphQL SDL(Schema Definition Language) を用いて GraphQL API のインターフェースを定義していきます。次のような単純な User データを返却する user クエリを定義します。

schema { query: Query } type Query { user(id: ID!): User } type User { id: ID! name: String! }

データソース/リゾルバの作成

ことはじめとして、決まった値を返すようなリゾルバを定義します。

{ "id": 1, "name": "hoge" }

データソースは None タイプを選択したものを指定し、レスポンスマッピングテンプレートにて前述の...

Read More

Copyright © 53ningen.com